会社設立事例

多数の起業例がありますが、一部を簡易的にご紹介します。

1.20代青年起業家

・従来にはない新しい分野での事業を立ち上げるために会社を設立。安定した成長を遂げている。新店舗の出店の計画もしています。
・大手企業を退職して独立。会社を設立し、得意分野である営業手法にて安定収益基盤を築きながら、前職企業とタイアップした事業などで業績拡大中。
・飲食業界での経験を活かして独立開業。独自の営業手法により人気店としての地位を確保し、すぐに新規店を出店することに成功。会社の成長は著しいです。
・学生時代からベンチャー起業として会社設立。20代ながら長年の経営実績をお持ちになっています。毎年増収状態となり、職員の採用などにより、更に業績の拡大を図っています。

2.シニア起業家

・大手企業の定年退職後に、サラリーマン時代に培った技術、経験を活かしたコンサルティングサービスを実施する会社を設立。他の会社には、真似することが出来ない営業、サービスを展開している。海外の企業へのコンサルティグなども実施しています。
・大手企業の退職後、その下請企業として安定した受注を図りつつ、新規の販路も確保していっています。

3.親会社の子会社として設立、新事業立ち上げのため別法人を設立

・事業再生の一貫の中で、スタッフ一丸となって立ち上げする決心を決めたことから、親会社のフォローを受けて子会社として誕生。新規販路先の開拓に向けて社員全員で力を合わして創業の努力を行っている。今後の成長が楽しみな会社様です。
・既存会社から独立した事業を始めるために、新法人を設立。最先端ITを駆使した事業を始めている。

4.個人事業からの法人成り

・個人事業で講師として活躍していたが、法人の方が税務メリット、対外的信用力があるとのことで法人化。法人設立後も活動は活発化しています。
・家族経営での個人事業から、家族全員を役員にした形で法人化に成功。現在は、会社の経営をするという強い意志で家族一丸となって業務に従事している。
・個人の経営コンサルタントから、法人化に成功。多くの受注を獲得して活躍しています。今後の展開によっては、新法人の設立なども検討しています。
・個人のITコンサルタントから、法人化して、僅かの期間でスタッフの採用をするまでに成長。毎期の増収増益の状況にあります。

5.過去の経営経験から新法人を設立 マーケティングを駆使して業績の拡大など

・起業後、数か月で急激な成長を遂げた会社も存在します。急成長なため、税務の節税対策のみならず、他士業のご紹介など、経営にお役に立てることを弊法人では、ご提案しています。
・過去の会社経営経験とマーケティングに力を注ぎ、既存事業ながら顧客を増大させています。数年後に株式上場を目標として会社全体を上げて邁進されています。
・サラリーマン時代の仲間とともに起業、法人設立。お互いの力を合わせて事業を拡大させています。
・海外で事業展開する際の、日本法人として日本にて会社を設立。海外事業が順調に推移してきているので、日本法人を活用した手法を検討しています。

サービス一覧


クラウド会計ソフトfreeeフリー

税理士法人エタニティ
詳細地図